女性

病気の予測もある程度可能

悩み

医療の現場では免疫沈降法によって病気の診断が行われることがあります。免疫沈降法とは、タンパク質を溶かした溶液の中から、目的となるタンパク質だけを抽出する方法です。この方法によりリウマチや膠原病の診断を行うことが出来るのです。

原因を知って対策

うつ

聴神経腫瘍は良腫瘍であり、なかなか発症したことが気づきにくい腫瘍です。聴力の低下という症状がありますが、この低下も徐々に表れるので、なかなか自覚症状がありません。他にもめまいや顔にしびれを感じるという症状もあります。

治療は早めに受けましょう

難病である聴神経腫瘍を治療したいのであれば、ゴットハンドと呼ばれる名医がいるこちらがおすすめですよ。

風邪の症状が出たらすぐに新宿の内科を受診しましょう!症状改善に効果的な治療を行なってくれるんです。こちらをご覧ください。

病院で診察を受けましょう

悩み

私たちの体の働きには体内の状態を常に一定に保とうとする働きがあります。このような働きを調整しているのが自律神経とよばれるものです。自律神経は体内で交感神経と副交感神経を切り替えることにより体のバランスを調整しています。しかし時として自律神経に乱れが生じ、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできなくなってしまうことがあります。このような状態を自律神経失調症と言います。自律神経失調症では慢性的な疲労、めまい、偏頭痛、不眠など様々な体調不良がみられるようになります。自律神経失調症は一時的な症状で自然に回復する場合もありますが、時として長期間にわたり症状が持続し社会生活が著しく困難になる場合もあります。

薬物療法などもあります

内科をはじめ様々な診療科で検査を行っても体調不良の原因がはっきりしない場合は自律神経失調症の可能性を考慮する必要があります。各診療科での検査の結果に問題がなく自律神経失調症が疑われる場合は、内科医などと相談し心療内科や神経科を紹介してもらうようにしましょう。自律神経失調症の治療ではまず日常生活のリズムを整えることから始めます。食事のバランスに注意し適度な運動や十分な睡眠時間を確保すれば、それだけで症状が改善することもあります。それでも症状が一向に良くならない場合には、自律神経失調製剤や精神安定剤などによる薬物療法を行います。薬物療法では他に睡眠導入剤や漢方薬を使用することもあります。自律神経失調症と診断されたら無理をせずにしっかりと休養を取り自律神経の機能回復を図るようにしましょう。

原因不明の倦怠感や疲労感は自律神経失調が原因かもしれません。治療を行なうことで、症状の改善をすることが出来ます。

通院が難しい人には心強い味方です。世田谷区で在宅医療を行なっているこちらでは、自宅にいても高度な治療が受けられます。

世田谷区で内科をお探しならこちら。リウマチなどの治療を行っているため、症状に合わせて訪れやすいといわれています。

ヘルニアの新しい治療法

先生

椎間板ヘルニアは、背骨にある椎間板という組織が変性して腰などに痛みを引き起こす病気です。重度の場合は手術が必要です。手術する場合、以前は長期の入院期間が必要でしたが、最新のレーザー治療であれば日帰りも可能です。