女性

病気の予測もある程度可能

膠原病の診断に使われる

悩み

免疫沈降法を使うことで医療の現場では病気の診断を行うことが出来ます。例えば、リウマチや膠原病などの診断にも使われています。まず、リウマチという病気が起きる仕組みを説明します。ウィルスなど体の中に入ってきた異物に対して、体の中には抗体が出来ます。このウィルスと同じものがまた再び体内に入った時に防御するために、この抗体のかたちを記憶するのです。ところが、体内にその抗体と同じようなかたちがあっても、異物と思い込み攻撃をしてしまいます。このように、リウマチや膠原病は体の中に抗体が出来たことにより発症しています。そのため体内に自己抗体があるかないかを調べる必要があります。その診断に使われる免疫沈降法とはいったいどんな原理なのでしょうか。

病気の予測にも役立つ

免疫沈降法とはタンパク質の溶液の中から目的のタンパク質だけを取り出すことが出来ます。例えば、抗原とだけ反応する成分を化学的に作り出し、取り出した患者さんの血液と一緒に混ぜます。この反応によって出来た抗原が含まれる物質は、液体に溶けないため沈殿をします。この抗原含有不溶物質は自己抗体と抗原が揃うと出来る物質です。その含有物はタンパク質ですが、免疫沈降法ではそのタンパク質だけを抽出することが出来るのです。このことでリウマチや膠原病だけでなく、特異なタンパク質だけを抽出する免疫沈降法で、内臓疾患や他の病気の可能性をある程度は予測することが出来ます。そのため、免疫沈降法は医療の現場で積極的に取り入れられるようになってきています。